膝 毛穴 ぶつぶつ

「誰にも言えない…。」膝の毛穴のぶつぶつの原因と対策方法!

 

フェイスケアは丁寧に、人から見たら分からないような、小さなシミやニキビ跡にも一喜一憂するほど心をくだくのに、ボディケアはおざなりという人は多いですよね。

 

膝は人の視線を集めやすい部位なので、ぶつぶつができていると格好が悪いですよね。反対に手の行き届かないパーツまでキレイだと、それだけでも好印象です。素足で膝が出る格好をよくする夏場こそ、実は早期改善できる季節なので、気になった今こそケアを始めましょう。

 

 

そもそもなんで膝に毛穴にぶつぶつができるの??

 

 

 

膝のぶつぶつには大きく分けて3種類あります。

 

赤いぶつぶつ、黒いぶつぶつ、肌色のぶつぶつです。

 

まずは赤いぶつぶつについては、アトピーやアレルギーによる皮膚炎、ダニなどの虫刺されによるものと考えられます。強い痒みなどを伴う場合が多く、自宅ケアや市販の塗り薬では余計に悪化する可能性がありますので、皮膚科にご相談下さい。

 

自宅ケアができるのは黒いぶつぶつと肌色のぶつぶつです。

 

 

黒いぶつぶつの原因には、埋没毛、毛穴汚れの2つが挙げられます。

 

埋没毛とは、脱毛や除毛などのムダ毛処理をすることで起こる肌トラブルです。カミソリや毛抜きで強い力を与えてしまい、皮膚が傷ついて毛穴が塞がり、皮膚内で育毛してしまいます。黒くボツボツと盛り上がるので目立つ一方、セルフ脱毛を行っていたら、わりと頻繁に起こる現象でもあります。

 

 

次に毛穴汚れです。小鼻が黒ずむのと同様、汚れや角質などが毛穴に詰まることで起こります。

 

肌色のぶつぶつの原因は、毛孔性角化症が考えられます。これは思春期から30代の女性によく見られる現象で、古い角質が毛穴を塞ぐことによって起こります。痛みやかゆみはありません。30歳以降になると、大半の人は自然と治まります。ホルモンバランスの影響や遺伝が原因と言われていますが、これと言った原因は特定されていません。

 

 

【自宅で簡単♪】おすすめの対策方法!

 

 

 

黒であれ、肌色であれ、膝のぶつぶつ対策は同じアプローチです。

 

膝は摩擦が多い部位ですので、角質が厚くなりやすいです。この角質が毛穴に詰まることでぶつぶつが発生します。さらに、肌は刺激を受けるとメラニンを出すように命令するため、黒ずみやすくなります。

 

本来、メラニンが集まっても、ターンオーバーによって、色素沈着する前に剥がれ落ちますが、皮膚が分厚くなり、かつ角質が毛穴を塞いでしまうと、ターンオーバーはさらに遅くなり、ぶつぶつが大きくなったり、黒ずんだります。解決方法として、古い角質を落とすことです。方法としては、AHA配合の石けんで洗うことです。AHAとはアルファヒドロキシ酸の略で肌の細胞間の結合を緩める働きがあります。ピーリングと言えばAHAと言われるほど一般的で、エステでも使用されていますし、市販でも手ごろな価格で購入できます。

 

次にスクラブです。砂糖、塩、こんにゃくなど原料も様々、粒子の細かさに差異はありますが、共通してザラザラとした感触です。細粒子が研磨剤として古い角質を削り落とすことです。

 

ピーリングにせよ、スクラブにせよ、強い負荷をかけて古い角質を落とすのです。簡単につるつるになりますが、1.2回の使用でぶつぶつがなくなるということはありません。

 

また、これらの方法の場合、乾燥しやすくなるというデメリットがあります。刺激や乾燥はかえって黒ずみを進行させたり、ぶつぶつができる原因になります。

 

もちろん、たくさんのピーリング剤やスクラブが販売されているので、効果は認められています。問題は、やりすぎたり、アフターケアを怠ると、かゆみを伴うほどの乾燥や炎症の原因になるということです。

 

そもそも普通に体を洗うだけで、汚れも古い角質も落ちます。潤いをたっぷり与え、水分が保たれることによって、おのずと肌バリア機能が働き、ターンオーバーは正常に促進されます。ぶつぶつに必要なことは、うるおいを与える優しいケアなのです。さらに美白成分が配合されていると色素沈着予防や黒ずみ改善もできるので一石二鳥です。

 

そのためには顔のような薄い肌専用の美白クリームでは浸透力に不安があります。

 

ここは膝専用の美白クリームを使うことです。専用の美白クリームは、日頃の摩擦や刺激を受け、硬くなった角質の奥にまで届くように高浸透処方がなされています。洗顔、シャンプー、ボディソープと、それぞれ違うものを使うように、肌ケアもパーツに特化したクリームを使うことが重要です。

 

 

絶対失敗しない美白クリームの選び方!

 

 

 

膝のぶつぶつを改善する美白クリーム選び方のポイントは3つあります。

 

1. 分厚い肌の角質奥まで届くような高浸透力のもの

 

2. 保湿成分と美白成分の両方が配合されているもの

 

3. 炎症を起こしにくい低刺激のもの

 

この3点を踏まえて、オススメの美白クリームをランキング形式にてご紹介します。

 

 

膝の毛穴のぶつぶつにおすすめの美白クリームランキング!

 

アットベリー

 

 

 

5種類の美白成分をはじめとした厳選した18種類の美容成分が95%以上も配合した贅沢なオールインワンジェルです。

 

女性2359人を対象にした肌の黒ずみケア部門で、満足度など5冠を達成した、ボディの気になる黒ずみ、ぶつぶつケアに特化した美白クリームとして圧倒的支持を受けています。長年悩まされていた年季の入った膝の黒ずみやぶつぶつにも効果があると、口コミ評価も高いです。

 

 

 

 

ピーチローズ

 

 

 

角質肥厚が起こりやすいお尻のシミや黒ずみ、ニキビを解消するために開発されたボディ用美白クリームです。お尻という蒸れやすく、皮膚が厚い部位に効果が出るように作られていますので、浸透力は抜群です。

 

保湿成分であるヒアルロン酸を約300分の1にまでサイズダウンすることで、厚い角質でも浸透し、潤いを補給します。そしてあえて大きいままの高分子ヒアルロン酸が表面に留まり、水分の蒸発から守ります。高濃度プラセンタは美白効果とともに、肌本来が持つターンオーバー機能を促進しますので、無理な負荷をかけずにツルツルの肌へと導いてくれます。

 

 

 

 

ラスター

 

 

 

膝下に特化して開発された美白クリームです。一番こだわったのは美白成分です。

 

アルピニアカツマダイ種子エキスが持つ「メラニンを作るな」というメラニンブレーキ作用は新美白理論として注目されています。その他に、大手化粧品会社の美白ラインにも配合されているトラネキサム酸など5種類の美白成分が黒いぶつぶつや黒ずみに効果を発揮します。

 

しかも最も保湿能力が高いセラミドを配合していますので、乾燥対策も抜群です。ダマスクローズ、ジャスミン、ゼラニウムの3種類の精油が配合されているので、マッサージ気分で楽しめます。

 

 

 

 

まとめ

 

夏場はぶつぶつが目立ちやすい季節ですが、スキニーパンツやタイツなど、密着した衣類による摩擦が減る時期でもあります。それは早く改善する可能性を秘めているということです。自分の目で厳しくチェックしやすい今こそ、キレイになるチャンスではないでしょうか。